演奏会や発表会などのコンサート情報を無料で自由に告知・宣伝が出来る「演奏会広場」
演奏会や発表会などのコンサート情報の無料宣伝サイト・演奏会広場 演奏会ドレス、発表会ドレスの専門店
ショーウィンドコンサート演奏者募集
関東地域のバックナンバーの演奏会情報 登録件数1099

オペラ杉原千畝物語・人道の桜
オペラ杉原千畝物語・人道の桜
地域:東京都
開催日:2015年7月26日(日)
ジャンル:オペラ
入場料:無料
第二次世界大戦中、ナチスドイツからリトアニアに逃れてきた6,000人のユダヤ人の命を、人道的見地から救った日本の外交官、杉原千畝を史実に基づき、脚本・演出を新南田ゆり、作曲を安藤由布樹が手がけ、感動的オペラに創り上げました。 2015年5月12日にリトアニアの首都ビリニュスにて世界初演し、スタンディングオーベーションとともに鳴り止まぬ拍手をいただくことができました。 戦争ではなく、話し合いによる外交で世界平和を作ろうとした杉原千畝の志を忘れないようにしようではありませんか。 早稲田大学のご厚意により、大隈講堂にて日本初の公演を行います。 Facebookで「オペラ杉原千畝物語人道の桜」を検索ください。 基本的に入場無料です。当日14:00より会場受付にて整理券を発行いたします。 別途、先着にて指定席を250席用意しております。 一口10,000円の協賛金とともにお申し込みいただいた方には以下の特典をご用意させていただきます。 1.早稲田大学大隈講堂 凱旋帰国公演の特別席(指定席)をご用意 2.渡辺勝正著『決断・命のビザ』(定価 2,160円)進呈 3.リトアニア国立劇場世界初演記念ガイドブック(500円相当)進呈 4.品川きゅりあん公演(12月5日) ご招待券(5,000円相当)1枚進呈 5.品川きゅりあん公演プログラムにご芳名を掲載 (早稲田大学出身の方は期/学部も掲載致しますのでお知らせください)
多摩川吹奏楽団 第30回定期演奏会
多摩川吹奏楽団 第30回定期演奏会
地域:神奈川県
開催日:2015年7月26日(日)
ジャンル:吹奏楽
入場料:無料
・ローマの松(O.レスピーギ) ・祝典のための音楽(P.スパーク) ・ジブリ・メドレー(久石譲) 他
第5回フランス音楽留学生ガラコンサート
第5回フランス音楽留学生ガラコンサート
地域:東京都
開催日:2015年7月26日(日)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:無料
今年で5回目の開催となる日仏文化協会主催「第5回フランス音楽留学生ガラコンサート」です! 今年は、フランス音楽留学生7名と、第2回日仏文化協会フランスピアノコンクール、SHIODOME HALL賞受賞者の2名、総勢9名の出演です。 今後の活躍が期待される若き演奏家たちの素晴らしい演奏をお楽しみください。 ※入場料は無料ですが、当日会場入り口にてご来場者様1名様につき、500円以上の留学生支援金を申し受けます。
アンサンブル・アメニモ 第1回演奏会
アンサンブル・アメニモ 第1回演奏会
地域:神奈川県
開催日:2015年7月25日(土)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:無料
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調 作品20 芥川也寸志:弦楽のための三章 サン=サーンス:動物の謝肉祭
DuoAMica third concert
DuoAMica third concert
地域:東京都
開催日:2015年7月18日(土)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:1,500円
古典から新作まで、ヴァイオリンとヴィオラ2本の魅力をお届けするべく活動しているDuoAMica、今回で3回目の演奏会を開催する運びとなりました。 今回は二人の大学同期である石川潤さんに新作をお願いし、古典から現代まで実に200年以上、時代も国境も越えてデュオの世界をお聴きいただきます。 曲目 ハイドン:デュオ 第1番 ミヨー:ソナチネ 石川潤:委嘱新作 カリヴォダ:デュオ 第1番 出演者 Vn:渡邉みな子 Va:柘植藍子
スペイン墓の魚・室内管弦楽団・陽気な埋葬
スペイン墓の魚・室内管弦楽団・陽気な埋葬
地域:東京都
開催日:2015年7月12日(日)
ジャンル:その他
入場料:2,000円
フランスやスペインの伝統芸術であるメメントモリ墓の芸術を受け継いだ日本唯一のオペラ楽団による、ラテン哲学、死、教会信仰、魔女、異教幻想をテーマにしたオリジナル曲のコンサートです。 新しいクラシック音楽と言われるシャンソン・フュネライユ 葬送の歌の世界をぜひ、聴いてみて下さい 墓想や、フランス哲学などの、伝統的な南ヨーロッパ芸術を題材に作られた独特な陽気なマカーブル・ジャズ、ニュイ・ミュゼット、教会音楽ミサ・マカーブル、ファドファド・エンテーホなどをフランスチックな雰囲気で演奏いたします 3人のオペラ歌手や、スペインのピカレスク文学を象徴した乞食の姿をした道化師クローシャル、スペイン娘カロニャ・デ・メヒヨン、フランス娘ラ・メルド・ラタン達が、弦楽オケ、19世紀ギター、リュート、ポルトガルギター、フラメンコギター、アコーディオン、バリトンサックス、オーボエ、ピアノ、カリヨン、他という豪華編成で、南欧の信仰と魔女、生と死の哲学を歌います。 ゲストで参加するアルゼンチンタンゴのギタリストや、200年前の19世紀ギター、南イタリアのバテンテギターなど、奏者も楽器も演出も、見所はたくさんです。 道化、オペラ歌手、役者などの、個性豊かなクセのある歌い手達が歌う舞台は、まさに現代のシェイクスピア劇 大げさな身振り、 まるでバッソ・ブッフォ道化のオペラのような早口の歌、 演技を交えた、喋るような歌、 19世紀フランス文学的な 風刺や、ユーモアに富んだ歌詞、 こだわりのヨーロッパ古楽器。 他では聴くことができない。と評価される独特な作曲技法で作られたこのオリジナル音楽を、ぜひご堪能ください。 公式サイトのコンサート情報ページを更新いたしました ぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです。
フィルハーモニア・ブルレスケ 第12回定期演奏会
フィルハーモニア・ブルレスケ 第12回定期演奏会
地域:東京都
開催日:2015年7月11日(土)
ジャンル:オーケストラ
入場料:1,000円
このたび、フィルハーモニア・ブルレスケ第12回定期演奏会を開催することになりました。 ご家族、ご友人等お誘い合わせの上、是非ご来場いただけたらと思います。 なお、先着300名様にご招待券をプレゼントしております。 下記メールアドレスからご応募ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 ◆◆フィルハーモニア・ブルレスケ ◆第12回定期演奏会 2015年7月11日(土) 開場 13:30 開演 14:00 練馬文化センター 大ホール(こぶしホール) 指揮:東 貴樹 全席自由1,000円 ラフマニノフ 交響曲第2番 ベートーヴェン 交響曲第4番 ワーグナー 歌劇「ローエングリン」より第1幕への前奏曲 ●先着300名様にご招待券をプレゼントします。 ●下記をメールにてお知らせください。 1お名前 2ご住所 3希望枚数 4案内を見た場所
DAC若手クラリネット奏者リサイタルシリーズ ホップ・ステップ Vol.9
DAC若手クラリネット奏者リサイタルシリーズ ホップ・ステップ Vol.9
地域:神奈川県
開催日:2015年7月10日(金)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:2,000円
◆プログラム F.プーランク/クラリネットとピアノのためのソナタ C.サン=サーンス/クラリネット ソナタ J.ブラームス/ピアノとクラリネットのためのソナタ第1番 …他 ◆ピアニスト 星野英子 ◆入場料 学生 ¥1,500 一般 ¥2,000 (当日各¥500増) ―――――河西拓也 プロフィール――――― 洗足学園音楽大学を優秀賞を得て卒業。在学中、前田記念奨学生に認定される。 第31回ヤマハ新人演奏会出演。 第19回浜松国際管楽器アカデミーにてW.フックス氏のクラスを受講、クラス内で選抜されプレミアムコンサートに出演。 第30回日本管打楽器コンクール第3位。 これまでにクラリネットを佐藤ゆり、星野均、加藤明久の各氏に師事。室内楽を星野均、岩花秀文の両氏に師事。 大学在学中にP.シュミードル氏のマスタークラスをクラリネット、室内楽で受講。 現在はフリーランス奏者として吹奏楽、オーケストラ、ソロでの活動を主に行っている。
ネパール大地震支援コンサート〜祈り
ネパール大地震支援コンサート〜祈り
地域:東京都
開催日:2015年7月3日(金)
ジャンル:オーケストラ
入場料:4,000円
今年4月末ネパールで起こった大地震に際し、被災地支援を目的とするチャリティーコンサートを実施します。ユネスコ平和芸術家・城之内ミサ氏のオリジナル楽曲とともに、ネパール出身の奏者であるサワン・ジョシ氏を迎え、世界遺産トーチランコンサートオーケストラ・スペシャルメンバーの演奏と合唱とともに現地に向けて祈りの時を奏でます。 入場料4,000円(うち2,000円をユネスコ・パリ本部世界遺産センターに寄付させていただきます) 又、演奏前に第8代ユネスコ事務局長:松浦晃一郎氏と城之内ミサ氏による「ネパールの世界遺産〜再建とユネスコの取り組み」のレクチャートークがございます。
僕たちは古楽と現代音楽の対話を通して「前衛」という茫漠とした主題について思いを馳
僕たちは古楽と現代音楽の対話を通して「前衛」という茫漠とした主題について思いを馳
地域:東京都
開催日:2015年7月3日(金)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:2,000円
現代音楽が大好きで古楽を学んでいる私達が古楽器で古楽と現代音楽をやります! 1年ぶりに渾身の自主企画です!様々な狙いを持った新しい試みをする公演で…と、そんな難しいことは置いておいても本当に素晴らしい曲ばかりなので、多くの方に聴いて頂きたいです。 ★演奏者: リコーダー…菅沼起一/大塚照道 バロック・ヴァイオリン/中世フィドル…高岸卓人/出口実祈 バロック・チェロ…小林奏太 リュート/バロック・ヴィオラ…上田朝子 ★曲目: 作曲者不詳:ホケトゥス(『バンベルク写本』より、13世紀) ボード・コルディエ:コンパスを使って私は書かれた(14世紀) クリストファー・タイ:しっかり座って(17世紀) ジローラモ・フレスコバルディ:クレド後の半音階的リチェルカーレ(『音楽の花束』より、1635年) カルロ・ジェズアルド:ああ、僕はもう死んでしまうかもしれない 近藤譲:スタンディング―発音原理の異なる不特定3楽器のための― (1973) カールハインツ・シュトックハウゼン:七つの日より (1968) ジョン・ケージ:4つのパートによる弦楽四重奏 (1950)より抜粋 フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲第2番「カンパニー」(1983) カールハインツ・シュトックハウゼン:ティアクライス(1974/75)より抜粋 …など 「公演に寄せて この企画は、以前も演奏会を開催させて頂いた笹塚BLUE-Tさんから、ぜひまたうちで現代音楽のコンサートを、しかもこれから続く現代音楽バトンコンサートの第一回目を、と言って頂けたことにより実現しました。 現代音楽のコンサートと聞いてまず思い起こしたのは、自分が今のめり込んでいる古楽をともに学んでいる仲間にも現代音楽が好きな人たちがいることでした。 彼らと何かできないか、どうせなら古楽と絡められないかと考え、そこで、古楽(特に中世やルネサンスの音楽)を演奏・研究していて、且つ現代音楽にも造詣が深い菅沼起一さんに協力を仰ぎ、共同企画となりました。 このコンサートの狙いは4つあります。1つ目は古楽と現代音楽の橋渡しをして、古楽ファン、現代音楽ファン両方に興味を持ってもらうこと、2つ目は古楽器での新たな可能性、既存のレパートリーから逸脱することで自分たちの楽器の更なる表現の可能性を探ること、3つ目は時間を隔てたこの二つの時代に何か特有の共通点を見出し、それで得た刺激を自分たちの古楽、現代音楽、双方の表現に持ち込んでみること、そして4つ目が「前衛」について考えることです。 音楽が、時が進むにつれて変わっていったことには「新しいものを求める」ということが少なからず関わっていたと思います。その「新しいもの」がどういうものを指したかは、その時その場所その人たちによって違うでしょうし、必ずしも「新しいもの」だけを求めたわけでは当然なく、表現したいという欲求や使命感から結果的に「新しいもの」が生まれていったということも多かったのでしょう。 また、当時にとって「新しかった」とは何か、についても考える必要があります。当時の流行をそのまま取り入れたものは果たして「新しい」と言えるのでしょうか?「新しさ」は歓迎されたのでしょうか? 今回のプログラムには、当時「新しかった」ものだけでなく、「今から見て新しく感じるもの」や、数十年前に作曲されたにも関わらず、今私たちが生きている『現代』からするともはや「古典」となってしまった作品もあります。 編成の都合により完璧とは言えないプログラムですが、数百年の時を隔てて様々な技法で作られたこの素晴らしい作品たちを並べて聴いて楽しむことで、皆様と一緒に古楽と現代音楽の対話を通して「前衛」という茫漠とした主題について思いを馳せることができたら幸いです。 上田朝子」
argentum ~中世末期の南フランスと北イタリア~
argentum ~中世末期の南フランスと北イタリア~
地域:東京都
開催日:2015年7月1日(水)
ジャンル:その他
入場料:4,000円
『Anthonello de Caserta と Philipoctus de Caserta 中世末期を代表する2 人の作曲家』 アントネッロ・デ・カゼルタ と フィリポクトゥス・デ・カゼルタ は14世紀末から15世紀初頭に掛けて活躍した作曲家だ。フィリポクトゥスは主に南フランス・アヴィニョンで、アントネッロは主にミラノを中心とする北イタリアで活動した。フランスとイタリアという分類の仕方は、現代の私たちにこの2人の作品がその音楽スタイルにおいて両極にあるもののように感じさせる。しかしこの2人の作曲家の作品は、もちろんそれぞれの個性を保ちつつ、共にアルス・スブティリオルと呼ばれるスタイルによって書かれ、そこには確かに共通する響きがある。本公演はイタリアやフランスといったときに今日の我々が想像する国境線による余りにも大枠的な、しかしよく信じられている分類が、実のところ簡単に乗り越えられてきた一例を示すだろう。 曲目 アントネッロ・デ・カゼルタ: いと高き貴婦人 フィリポクトゥス・デ・カゼルタ: 『希望』、お前が私を旅立たせた アントネッロ・デ・カゼルタ: 『愛』 が私の心を苦悩させる 他 出演 歌: 阿部早希子 クラヴィシンバルム: 吉見伊代    オルガネット: 矢野薫  リコーダー・音楽監督: 守谷敦  チケット:全自由席 前売 3,500円 当日 4,000円
The Bistro W concert
The Bistro W concert
地域:東京都
開催日:2015年7月1日(水)
ジャンル:室内楽・アンサンブル
入場料:2,000円
2015年7月1日(水) 開演19時 (開場18時半) かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール 全席自由 2000円 森 亮平 委嘱新作 シュトラウス 歌劇「カプリッチョ」より前奏曲 ボロディン 弦楽六重奏曲 ニ短調 ドヴォルザーク 弦楽六重奏曲 イ長調 Op48
ITALIA OPERA SPECIAL
ITALIA OPERA SPECIAL
地域:東京都
開催日:2015年6月29日(月)
ジャンル:オペラ
入場料:4,000円
G.ドニゼッティ 愛の妙薬より G.プッチーニ トスカより G.ヴェルディ リゴレット 仮面舞踏会より 芸術監督 田口興輔 指揮 ステーファノ・マストランジェロ 字幕監修 とよしま洋 高校生以下2000円
ITALIA OPERA SPECIAL
ITALIA OPERA SPECIAL
地域:東京都
開催日:2015年6月29日(月)
ジャンル:オペラ
入場料:4,000円
出演者: ≪愛の妙薬≫ 石川友貴・山内真理子・渡邉公威・浜田和彦 ≪トスカ≫ 後藤美奈子・杉本美代子・田島秀美・伊藤潤・村林徹也 ≪リゴレット≫ 渡邉公威・村林徹也・根岸奏好・山本ゆかり・石橋佳子・山本有莉 ≪仮面舞踏会≫ 伊藤潤・山口邦明・黒田千佐代・小松崎綾・六角実華・後埜上礼子 芸術監督:田口興輔 指揮:ステーファノ・マストランジェロ ピアノ:伊坪淑子 中山ちあき 衣装:得能淑子
Chor June Concert 2015
Chor June Concert 2015
地域:東京都
開催日:2015年6月28日(日)
ジャンル:合唱
入場料:2,000円
★★「演奏会広場を見た」と、メール又は電話でご連絡いただいた先着10組20名様を【無料ご招待】します★★ 【出演】 指揮/甲田 潤 二十五絃箏/野坂 操壽 ピアノ/東 由輝子 合唱指導/弓田 真理子 女声合唱/Chor June 【曲目】 ●女声合唱組曲「悲しみの枝に咲く夢」 (作詩:大手拓次 作曲:木下牧子) ●合唱によるおとなのための童謡曲集「中山晋平10のメロディー」より ~しゃぼん玉、波浮の港、カチューシャの唄、ゴンドラの唄、ほか~ (作曲:中山晋平 編作:岩河智子) ●Three Birthday Madrigals (作詩:Shakespeareほか 作曲:John Rutter) ●女声合唱と二十五絃箏による「因幡万葉の歌 五首」 (和歌:大伴家持ほか 作曲:伊福部昭 編曲:甲田潤) ◆◆テレビ出演予定◆◆ 是非ご覧ください! BS-TBS「日本名曲アルバム」 2015/4/28(火)19時〜(テーマ:家族) 2015/5/5(火)19時〜(テーマ:吉田正)
音楽教室の宣伝・講師のご紹介 全国の音楽大学・音楽短大・音楽高校一覧
クラシック音楽の知識 演奏会用の黒のロングスカート 音楽婚活の「音コン」演奏で素敵な出会いを見つける合コンパーティー
東京演奏会企画
演奏会・コンサートを無料で宣伝出来る演奏会広場