演奏会や発表会などのコンサート情報を無料で自由に告知・宣伝が出来る「演奏会広場」
演奏会や発表会などのコンサート情報の無料宣伝サイト・演奏会広場 演奏会ドレス、発表会ドレスの専門店
ショーウィンドコンサート演奏者募集

イタリアバロック音楽の変遷vol.38 「パオロのお気に入り!音楽物語 第2章」

東京都 (室内楽・アンサンブル)
開催日:2022年72(土)
14:00開演
会場:ムジカーザ


入場料:4,000

【お問い合わせ先】
メール:muse_cp@mbr.nifty.com

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=2132014
~コンサートについての説明・紹介文~
演奏:太田光子(リコーダー) 平井み帆(チェンバロ)

曲目:
作者不詳:《フォリア》によるパルティータ
G.ヴェレンチーニ:ソナタ第2番ヘ長調
P.D.パラディエス:ソナタ第9番イ短調


~18世紀のリコーダー愛好家、パオロ・パレンシからの贈り物~
毎回、様々な切り口で17、18世紀のイタリア音楽の魅力を発見してきた「イタリアバロック音楽の変遷」シリーズ。
第37、38回はパルマのパラティーナ図書館に残る18世紀前半の手書きの楽譜集《様々な作曲家によるシンフォニア集》をテーマにお送りします。
アルビノーニ、コレッリといった有名作曲家から、今ではほとんど知られていない作曲家まで、イタリアの様々な作曲家の作品を集めたこの楽譜集には所有者の名前として「パオロ・アントニオ・パレンシ」と書かれています。
パオロ・アントニオ・パレンシ(1688-1749)は、ルッカの重要な貴族、商人、政治家で、リコーダー愛好家でもありました。
写譜家によって書かれたこれらの楽譜は、ヴァイオリンのレパートリーをリコーダー用に編曲した貴重な資料であり、当時の愛好家の高い技術と豊かな音楽活動を今に伝えてくれています。
今シリーズでは、パレンシが現在に残してくれた贈り物《様々な作曲家によるシンフォニア集》から選りすぐりの作品をお届けします。
300年前のイタリアでパレンシが楽しんだように、リコーダーとチェンバロによるアンサンブルの歓びを満喫していただければ幸いです。
登録メール

パスワード

音楽教室の宣伝・講師のご紹介 全国の音楽大学・音楽短大・音楽高校一覧
クラシック音楽の知識 演奏会用の黒のロングスカート 音楽婚活の「音コン」演奏で素敵な出会いを見つける合コンパーティー
東京演奏会企画
演奏会・コンサートを無料で宣伝出来る演奏会広場